GIAUSAの鑑定書

2017-12-22 未分類

指輪ダイヤモンドを含め、婚約指輪に装飾される石というのは安いものではありません。しかし、素人目ではその石がどのようなものかということがわからないものです。そこで、ダイヤモンドをはじめとした石が付いているものを購入するという場合には、それが本物であるのか、品質と価格が適正なものであるのかということを証明する鑑定書というものが付いています。

ダイヤモンドの鑑定書というのはいくつか種類があります。その中でも信頼性が高いとしてよく選ばれるのがGIA USAの鑑定書が付いているものです。GIAという米国宝石学会のことで、国際的なダイヤモンドの鑑定基準を定めています。そのため、GIA USAの鑑定書がついている指輪を購入すれば、GIAが認めたグレードのダイヤモンドであるということが確認できるのでとても安心して購入することができます。

GIA USAの鑑定書というのはアメリカの鑑定機関であるため日本のラボで鑑定が行われたとしても英語で表記がされています。そのためその内容を読むことはとても難しく中には理解ができないという人もいます。そこで、GIA USAの鑑定書がついているお店で指輪を購入すると多くの場合にはその内容を説明してもらうことができます。逆に鑑定書の内容への説明や鑑定書の有無といったことが指輪を選んでいるときにも行われないメーカーは購入先として候補から外した方が良い場合もあります。

【参照HP】ガラ おかちまち

石の必要性

2017-12-19 未分類

指輪はめる婚約指輪といえばダイヤモンドが装飾されているのが定番です。しかし、必ずしもダイヤモンドである必要はありません。しかし、なぜ多くの人はダイヤモンドが装飾されたものを選ぶのでしょうか。

ダイヤモンドが装飾されているものを選ぶのは、ダイヤモンドが硬いということに理由があります。ダイヤモンドは天然の物質のなかでも一番に硬いと言われているほど強固な硬さをしています。そのため傷つくことなく永遠に輝き続けることができるということで、亜永遠の愛の象徴ということで婚約指輪に使われるようになったのです。

また、ダイヤモンドの無色透明な美しさには純潔という意味もあります。誰にも壊すことのできない強いつながりとピュアな愛を表現するためにダイヤモンドの装飾された指輪を贈ることが一般的になっているのです。

このような意味が込められているため、婚約指輪についている石というのはダイヤモンドが選ばれることが一般的です。しかし、中にはオリジナリティのあるものをと考える人や、自分たちの思い出に残るものをということでほかの石の装飾されているものを選択する人もいます。もちろんダイヤモンドにこだわる必要はないのですが、記念の品ですし結婚後もフォーマルな場で身につけるため何かしらの石が装飾されているものを選ぶということが定番です。

GIAUSAの鑑定書

婚約指輪選び

2017-12-19 未分類

指輪婚約指輪というのは基本的に贈るほうにとっても受け取るほうにとっても一生に一度のことです。婚約期間というのは短いものですし、プロポーズをされて結婚するまでの期間は結婚式のようなことも行われないですし、婚姻届けのような書類も提出しません。だからこそ大事な時期なのに印象に残らないことも少なくないです。そこで、プロポーズをして結婚の誓いをたてたという記念として婚約指輪の意味があります。

一昔前にはバブルの影響もあり地味婚が流行して、結婚式をしないことや婚約指輪を用意しないことが一つの流行となった時期もありました。こういったものよりも結婚後のたくわえにしたりマイホームの頭金にしたりする方が堅実と考えられたのです。しかし、最近では一生に一度のことだからきちんと段階を踏んでいこうという考えをするカップルが増えています。そのため、結婚式をしたり婚約指輪を渡したりするだけでなく結納までしっかりと行うというカップルも増えています。

こういった環境にあるので、やはり婚約指輪はしっかりとプロポーズの場面や結納の場面で渡したいと考えている男性も多いですし、受け取りたいと思っている女性も多いです。ただ、婚約指輪は決して安いものではないですし購入して思っていたデザインと違うからと簡単に返品交換できるものでもありません。そのため慎重に選んで一生持ち続けたい、大事にしたいと思えるようなデザインの指輪を見つけ出すことが重要です。

石の必要性

アーカイブ